スリープクリニックってなに? | スリープクリニック(東京睡眠医学センター)

スリープクリニックってなに?

祖父の代から睡眠医療を続けて90年。
画期的な治療法をクリエイトし続ける

遠藤拓郎医師が診療

遠藤拓郎医師

睡眠に特化した
日本屈指のクリニック

調布・銀座・青山・札幌・信濃町(慶應義塾大学)にある睡眠専門クリニックです。
不眠、過眠、無呼吸症に対してベストな治療法を提案します。

あなたの睡眠を診断します!

睡眠を可視化し、専門医が診察時に分析して患者さまと一緒にデータを見ながら状態や特徴をご説明します。

「眠っている人に、眠っていることを聞いても分かりません」

2分毎のデータから正確な診断と治療方針をご提案いたします。

データ分析で分かること

寝付きの良さ、中途覚醒、睡眠の質、就寝・起床時間、寝姿や寝相などから、疑われる睡眠疾患や、隠れた病気などが判明する場合があります。

睡眠診断データの画像

実際の睡眠分析例

患者さまの負担が少ない睡眠計

睡眠の病気は、主に「不眠・過眠症」、「睡眠時無呼吸症候群」、「睡眠・覚醒リズム障害」の3つに分けられます。

まずは負担の少ない睡眠計で、これらのどれに該当するかを判断します。
その結果、睡眠時無呼吸症候群の疑いが強い場合は、入院睡眠検査へ進みます。はじめから負担の多い検査はいたしませんので、ご安心ください。

睡眠計の画像1
睡眠計の画像2

診察・検査の流れ

診察・検査の流れ

睡眠専門クリニックの先駆け
『スリープクリニック』だから
できること

1. CPAP以外の画期的な代替療法を受けられる

コンパクトで快適に眠れる歯科医型取りのマウスピース(ソムノデント

こんな方におすすめです
  • CPAPに抵抗のある方
  • CPAPを卒業したい方
  • 出張・移動が多い方
  • 保険適用枠に達しないが、無呼吸のある方
  • 顎関節症の予防をされたい方
  • 下顎の前方への過剰な引き出しを抑えたい方
  • ネジによる微細な調整が必要な方
  • 入院検査不要・紹介状不要(自費診療のため)
ソムノデント着用例

鼻に入れるだけの簡単装着。
気道を拡げるナステント

コンパクトでいつでもどこでも無呼吸の治療ができる鼻腔挿入デバイスナステント™は、鼻から挿入して、睡眠中の気道を確保する簡単な装置です。いびきや無呼吸の原因となる気道の閉塞や狭窄を防ぐ、従来からある方法を取り入れた画期的な医療機器です。
様々な理由で、いびきや無呼吸が心配な方もご相談ください。

ナステント™ご利用の際、初回は医師の診断が必要になります。

ナステント™にな慣れるまでは、個人差もありますが、いくつかの症状がでる場合があります。その場合は、使用を一旦中止し、かかりつけの医師にご相談ください。

ナステント™着用例
ナステント™ の画像
こんな方におすすめです
  • 入院検査不要・紹介状不要
  • いびきにお困りの方
  • CPAPに強い不快を感じる方
  • 出張や旅行の多い方で、無呼吸の治療が必要な方
  • 長距離ドライバーなど連続した電源供給が難しい場所で睡眠される方
  • AHI(無呼吸・低呼吸指数)が20以下で、CPAPの保険適用外と診断された軽度無呼吸症の方

2.安心してCPAPを購入できる環境が整っている

日本初 試せる・選べる・相談できるCPAPステーション。
睡眠時無呼吸症候群の方でCPAP治療を希望される方へ

当クリニックでは、毎回医師がデータ解析し、患者さまの治療効果を上げるための一番適切な圧を探し出します。他では治療が続かなかった方も、是非一度ご来院ください。またCPAP以外の選択のご相談もお受けしております。

また、銀座9階のCPAPステーションでは、常駐の専門スタッフがCPAPの様々なご相談にお答えいたします。レンタル機器・購入機器・マスクのラインナップも豊富に取り揃えております。

CCAPの画像

3. ライフステージに合わせた睡眠医療を受けられます

日々の生活習慣はもとより、性別の違いや年代の変化によっても、睡眠の状態は異なります。とくに妊婦さん、育児中のママ、幼児・学童期のお子様は、銀座に「こどもすいみん外来」を併設しておりますのでご相談ください。

スリープクリニック 電話:0120-490-770

ページトップへ戻る